冬なのにテカテカ!?冬のオイリー肌のケア方法とは

冬は寒くなってくることから、湿度が下がって空気が乾燥しがち。この時期は空気の乾燥によってお肌も乾燥してしまうので、保湿ケアは入念に行っておきたいものです。

冬になって肌がカサカサする…と感じる人も多いでしょう。

ところが乾燥するどころか、なぜか皮脂が出ていて触るとベタベタ…お肌は皮脂でギトギトなんてこともあると思います。

なぜ乾燥する時期に皮脂が出るのか?

ここでは乾燥する時期に皮脂が出る理由や皮脂のケアについてお教えしていきます。

冬なのに顔はテカテカ・ギトギト…これってどうして?

冬は乾燥する時期なので多くの人が乾燥を感じると思います。特に体の乾燥に関しては悩みになっていることもあるのではないでしょうか?

指先やかかと・肘・膝などは特に乾燥しやすい部分で、ひび割れなどの症状も怒りやすくなります。ひび割れから皮膚が割れ、出血することもあるので体の保湿ケアも怠るわけにはいきません。

顔の乾燥も多くあることですが、乾燥する時期なのに額や鼻などはテカテカ…なんて人もいると思います。

寒いのにテカテカしているとやはり恥ずかしいですし、他の人はテカリなんてないのにどうして私だけ?と心配になると思います。

しかしこのテカリに悩む人は意外に多いもの。ですのでまずはテカリの原因を知り、その原因を改善する方法を実践していきましょう。

改善していくことでテカリのないサラサラ肌になることができるので、冬の時期にテカって恥ずかしい思いをすることもなくなりますよ。

冬のテカリの原因は?

冬なのになぜテカるのか?

冬のテカリの原因には二つあります。一つは脂性肌であること、もう一つはインナードライ肌であることです。

脂性肌はその名の通り、皮脂が多く出る肌質のこと。皮脂腺が活発に動いていることから年中皮脂が出やすい状態となっているので、乾燥しやすい時期でも乾燥することなく皮脂がたっぷりと出続けます。

インナードライ肌は肌の内側は乾燥しているのに、乾燥が原因で皮脂が出てしまう肌質のこと。肌が乾燥すると肌は肌を守るために皮脂を出します。乾燥が続くことで乾燥から肌を守ろうと皮脂を出し続けますので、この皮脂によって脂性肌だと勘違いしてしまう人も多くいます。

脂性肌は10代に多い肌質です。20代以上で脂性肌の人もいますが、20代以降で多くなるのがインナードライ肌。インナードライ肌は一見脂性肌の見えがちです。脂性肌は乾燥していないのですが、インナードライ肌は乾燥しているので中身は全く別物。

そのためこの二つの肌質はそれぞれでケア方法が異なるので、自分の肌質を見極めて、それからその肌質に合った方法でケアしていく必要があるのです。

ただどちらも皮脂が常に出ている状態であれば、どちらかを見極めることはとても困難な事。大体の人がインナードライなのに脂性肌だと勘違いしてしまいます。インナードライなのに脂性肌ケアをしてしまうと肌の潤いをプラスすることができませんので、インナードライは改善せず、肌の状態がどんどん悪くなってしまうのです。

ではどうやって肌質を見極めるのか?肌質を見極めるポイントは洗顔後です。

洗顔後、お肌を触ってみてしっとりしているか、つっぱりを感じるかを確認してみましょう。これは指で触った感触でわかります。

脂性肌は皮脂が多いこともあり、お肌は皮脂によって守られているので乾燥しにくい肌質です。そのため洗顔で余分な皮脂を落としてしまっても、肌は乾燥していないのでしっとりとしています。

インナードライは皮脂が出ているけど肌は乾燥しているので、洗顔で皮脂を落とせばカサカサとしています。

水分を持っているお肌は指が吸い付くような感じがしますが、水分のないお肌は指が吸い付くことがなく、指で押してみても全く肌が吸い付いてきません。ここが肌質を見極めるポイントです。

洗顔後、お肌を触ってみてどんな感触がするかを確認してみてください。それによって肌質がわかるので、肌質に合ったスキンケアでケアしていきましょう。

それでは脂性肌・インナードライ肌に合ったケア方法を紹介していきます。

脂性肌の冬のスキンケア

脂性肌は寒い時期でもとにかくテカります。テカっていると汗をかいているように見えるので、冬なのに…と恥ずかしくなってしまう事もあるでしょう。

脂性肌は常に皮脂が出てしまうので、こまめにティッシュで拭き取ることがおすすめ。ティッシュは余分な皮脂だけを吸い取ってくれますので、メイクの上から軽く拭き取ればOK。

強く擦るとファンデーションも一緒に取れてしまうので注意してください。

また脂取り紙を使って皮脂を取る人もいると思いますが、これはNG。

油取り紙は皮脂をたっぷりと吸収してくれるので、脂取り紙を使えばテカテカのお肌も一気にサラサラになります。しかし必要な皮脂まで吸収してしまうので、肌の上には全く皮脂がない状態になるのです。

脂性肌の人からすればとっても良い話に思えるのですが、皮脂がゼロになってしまうのは危険です。肌は外的刺激から肌を守るために皮脂を出します。脂取り紙で皮脂を全て取ってしまうと肌は守るためにさらに皮脂を出すのですが、過剰に皮脂を分泌するといわれているのです。

そのため脂取り紙で皮脂を取った後はサラサラですが、数時間もしないうちにさらにテカテカになってしまうというわけです。

皮脂が気になるのは当然のことですが、取りすぎに注意してください。

それでは脂性肌のスキンケアを紹介していきましょう。

脂性肌は化粧水→美容液→乳液

脂性肌の人におすすめなのが化粧水→美容液→乳液の順のスキンケア。

美容液はあればいいというだけで、なければなくても構いません。乳液も皮脂状態によっては必要ありませんが、化粧水は必ずいるので化粧水だけは毎日つけるようにしてください。

先ほど脂性肌は乾燥しにくいお肌だと伝えましたが、皮脂がたっぷり出ていても肌内部の水分がたっぷりあるかどうかはわかりません。化粧水で水分を補給してあげることで不足分を補えますので、化粧水は脂性肌の人にも欠かせません。

ただ保湿成分がたっぷりのものは脂性肌には潤い過ぎとなるので、さっぱりとした化粧水を選びましょう。

高保湿成分が含まれているもの、乾燥肌や敏感肌におすすめのものは脂性肌には潤いを与えすぎとなる可能性が高いです。潤いを与えすぎるとベタつきを感じてしまうので、脂性肌には不向き。

さっぱりとした使用感のものがおすすめです。

美容液はあってもなくてもOK。肌に合っていて気になる成分が含まれているのなら使いましょう。保湿は化粧水だけで完了することが多いので、無理して使う必要はありません。

乳液はスキンケアの仕上げとして使うものです。乳液には油分が含まれており、この油分を肌表面に置いておくことで肌内部の水分が蒸散しないようにする蓋のような役割があります。

ただ脂性肌の人は時間が経てば皮脂が出てきます。そのため乳液で油分を加えなくてもしばらくすればお肌に油分が出てきますので、慌てて使う必要もないのです。

ただ冬は乾燥する時期でもあるので、乳液をプラスして保湿効果を上げることもおすすめです。

まずは一度化粧水→乳液の順で使ってみて、ベタつきが気になるというのであれば乳液をなくして化粧水のみでケアしてみてもいいでしょう。

インナードライ肌の冬のスキンケア

インナードライ肌は乾燥することによって皮脂が出る肌質なので、本来の肌は乾燥しています。ただ皮脂が出ているのでお肌はしっとりしているように感じますし、皮脂が沢山出ることによって皮脂によるニキビなどが出来る可能性もあります。

そのためインナードライ肌の人も皮脂はこまめに拭き取るようにしましょう。こちらも脂取り紙を使わず、ティッシュで軽く抑えて拭き取るようにしてください。

そうすれば余分な皮脂だけをこまめにオフできるので、皮脂トラブルを防げるでしょう。

乾燥によって皮脂が出るということは、乾燥をケアすることが何よりも大事です。そのため脂性肌とは使ってほしいアイテムもスキンケアも異なるので、インナードライ肌の人はインナードライに合ったスキンケア方法を実践してください。

インナードライ肌は化粧水→美容液→乳液

インナードライ肌は化粧水→美容液→乳液の順でスキンケアをしましょう。インナードライ肌は乾燥しているので、できるだけ美容液もスキンケアに加えることがおススメ。

美容液は美容成分や保湿成分が含まれているので、スキンケアにプラスすることで保湿ケアにもなります。

化粧水は乾燥がケアできる保湿化粧水がおすすめ。脂性肌用の物はサッパリとし過ぎていてしっかり保湿ケアができない可能性があるので、乾燥肌用の物を使いましょう。敏感肌用の物は保湿力が高すぎてベタツク可能性があるので、敏感肌用の物はおすすめできません。

次に美容液ですが、美容液は美容成分の他、保湿成分が少しでも含まれているものがおすすめ。美容液でも保湿効果をプラスすることで乾燥しているお肌を潤すことができるので、美容液も保湿効果がある物を選びましょう。

最後は乳液です。乳液は油分が含まれているので、乾燥肌のケアには必須とも言えます。乳液は保湿成分が含まれている他、油分があることで潤いケア+肌表面に蓋をする役割があるので、乾燥を改善していくことができるのです。

スキンケアの仕上げに使う物としては乳液の他、クリームがあります。クリームにも油分が含まれており、果たす役割は乳液と変わりません。

ではクリームでも良いのかというとNOです。

クリームは乳液に比べると油分が多くなっています。油分がほとんどない乾燥肌や敏感肌にはおすすめなのですが、皮脂が出る脂性肌やインナードライ肌のケアには向いていません。油分が多い肌にさらに油分を加えるとテカリなどの表面的な問題だけでなく、ニキビなどの肌トラブルを引き起こす恐れもあるのです。

そのため脂性肌・インナードライ肌の人はクリームを使わず、乳液でケアするようにしましょう。

肌質に合わせたケアでテカリを予防

テカリを予防するにはまずは肌質を改善していくことが大事です。肌質を改善すればテカリの原因となる皮脂を抑えることができますので、根本から改善していくことを目指しましょう。

スキンケアで改善するほか、メイクアイテムにも気を配っておきたいところ。皮脂を抑える効果のある物や、皮脂を吸収するパウダーなどを使えば日中の皮脂を抑えることができるので、テカリの予防もできます。

テカリを予防する方法はたくさんあるので、テカリにお悩みの人はぜひ色々と試してみてくださいね。