顔の気になる産毛…これって処理した方が良いの?

顔の産毛は女性なら多くの人が気になるものでしょう。

濃い毛が生えているわけではないにしても、無数の産毛があることで顔全体が薄暗く見えてしまうからです。

この顔の産毛、処理してもいいのか?また処理することでどんなメリットがあるのか?

それぞれについて詳しく紹介していきます!

顔の産毛って誰でも生えてるの?

顔の産毛はだれの顔にも生えているものです。

顔には無数の毛穴があり、その毛穴があれば毛が生えているのも自然な事。そのため顔の産毛は何も手入れをしなければ生えたままとなってしまうのです。

顔の産毛を処理するとメリットはある?

顔の産毛はそのままにしておいても良いのですが、女性であれば極力処理をおすすめします。

女性は毎日メイクをしますし、毛が生えていることでファンデーションのノリがわるくなることも。

顔の産毛を処理することでのメリットがいくつかありますので、ここで紹介します。

顔の肌触りが良くなる!

腕や足などには毛が生えていると思いますが、毛が生えている時と毛を処理した後のお肌の手触りは全く違うと思いせんか?

毛が生えていると少しザラザラとしますが、毛を処理してしまえばザラザラ感がなく、ツルツルのお肌になります。毛がなくなることによって肌触りが良くなるのですね。

これは顔の産毛も同様。顔の産毛もしっかり処理をすれば、お肌がツルツルになります。

肌触りが格段に良くなるので、その手触りにハマってしまう人も多いかもしれませんね。

メイクノリが良くなる!

毛には油性成分を弾く性質があります。顔の産毛も当然油性を弾くので、ファンデーションのノリがわるくなってしまいます。

ファンデーションはリキッドやクリームタイプは油分が含まれています。パウダーは含まれていないものも多いですが、毛があることでパウダーが肌に密着しにくくなるのでメイクノリがわるくなるのです。

顔の産毛を処理すれば毛がなくなるので、パウダーがしっかり肌に密着するようになります。油性を弾く毛がなくなることでリキッドやクリームも肌にぴったりつくので、メイクノリが格段に良くなります。

肌に透明感が出る!

顔の産毛を処理することで肌に透明感が出てきます。

毛は黒いので、当然たくさんあれば肌がくすんで見えてしまいます。この毛を全てなくしてしまえばくすんだ状態が解消され、肌に明るさを取り戻すことができます。

肌に明るさを取り戻すことで肌の印象がガラリと変わってくるので、肌がくすんでいるかも?と思ったらまずは毛を処理してみることもおすすめです。

顔の産毛を処理するには?

顔の産毛を処理するにはいくつかの方法があります。

代表的なカミソリから脱毛まで色々な方法を紹介していきますので、それぞれのメリット・デメリットも併せてみていきましょう。

カミソリ

カミソリと言えば毛の処理ほうほうの代表的なアイテムの一つでしょう。カミソリはドラッグストアなどでも販売されていますし、今は100均でも手に入る非常に安価なものです。

ドラッグストアなどには価格が御高めのものもあり、高めのものは安全に使えるよう機能を高くしていたり、カミソリの刃の部分に保湿成分などを含めることで、傷ついたお肌をケアしながら処理していくというものもあります。

色々なカミソリがありますので、デリケートなお肌にピッタリのカミソリも販売されていますよ。またカミソリは基本的にはT字となっていますが、フェイス用の細かい部分のお手入れもしやすいものもあります。

フェイス用のものの方が顔はお手入れがしやすいので、フェイス用のカミソリを使ってみましょう。

メリットとデメリット

カミソリのメリットは

  • 安価で手に入る
  • 気になった時にすぐに処理できる
  • 剃ってスキンケアをすればすぐにメイクができる

などがあります。

続いてデメリットは

  • 刃を直接肌にあてるので肌が傷つく
  • 傷がついて血が出る恐れも
  • 毎日すると肌に負担がかかり、乾燥などのトラブルが出ることも

などがあります。

お手入れがしやすく、安く手に入るのはありがたいメリットだといえます。ただ肌への負担がかなり大きい処理方法でもあるので、肌に負担がかかることでトラブルが出ることもありますし、カミソリで肌に傷をつけることもあります。

肌へのデメリットが非常に大きいので、どんな人にでもおススメできるアイテムではありません。

乾燥肌や敏感肌の人は肌のバリア機能が低下していることから、剃刀を使うことで肌のヒリヒリや赤みを感じる可能性が高い肌質です。

肌がつよい人にしかおすすめできないのデメリットの一つですね。

毛抜き

毛抜きもカミソリ同様、ドラッグストアで販売されているものもあれば、100均でも販売されているため安価に手に入るアイテムの一つ。毛抜きを使ってどこかの毛を処理しているという人も多いのではないでしょうか?

毛抜きは一本一本を処理していく方法なので、処理にかなりの時間がかかります。カミソリのようにササッと処理することができませんので、ゆっくり時間がある時の処理方法としておすすめです。

また毛抜きでの処理は、カミソリと違って毛を根元から抜いていくものです。根元から抜くことで毛穴に毛を残さずに処理していくので、新しい毛が生えてくるまでに時間がかかります。また根元に毛根が残らないことで抜いた後がとても綺麗になるので、見栄え的にも良いかもしれませんね。

毛抜きも少しお高めのものが販売されていますが、お高めの毛抜きは毛をしっかりとつかんで根元から綺麗に抜いていくという高い機能が期待できます。安い毛抜きは抜いている途中に毛が切れる恐れがあるので、毛根から綺麗に抜くことができない場合もあるのです。

私はインターネットで2000円程する毛抜きを購入したことがあります。毛を掴む部分が特殊な加工をされていて、毛をしっかりつかむことから毛根からしっかり抜けるというお墨付き。
さらにどれだけ使っても掴む部分がボロボロにならないので、一度買えば長く良い状態をキープしてくれるというポイントもよかったです。
実際に使ってみたのですが、確かに毛をしっかりつかんでくれるので根元から綺麗に抜けます。毛以外にも角栓などもしっかり取ってくれるので、やはり安物の毛抜きとは一味違うと感じました。
メリットとデメリット

毛抜きのメリットは

  • 毛根から抜けるから抜いた後が綺麗
  • 気になる部分だけすぐに処理できる
  • 抜いた後は生え変わるまで時間がかかる

などのことがあります。

続いてデメリットは

  • 毛穴が開く恐れがある
  • 毛穴に負担をかけ、毛穴トラブルが起こることも
  • 痛みが強い

などのことがあります。

キレイに処理できるのは嬉しいポイントではありますが、毛を抜くときに強い痛みを感じることがあります。特に顔はデリケートな部分なので、この部分の毛を抜くとなると強い痛みを感じながら処理しなければならないでしょう。

また無理に引っこ抜くことで毛穴が開いてしまい、これが原因でにきびや黒ずみと言った毛穴トラブルへと発展することがあります。

毛抜きは使い勝手のいいアイテムではありますが、毛穴への負担がかなり大きいといえます。しっかり処理出来ていても毛穴にトラブルが出るとそれからのケアが大変になりますので、あまりおススメできる方法ではありません。

抜いた後に赤みがでることもありますので、場合によってはスキンケアをしっかりしていてもメイクがすぐにできないこともあります。

電気シェーバー

電気シェーバーはボディ用のものも販売されていれば、フェイス用のものも販売されています。フェイス用のものは眉・フェイス用となっていて、処理する刃の部分がI字になっているものです。

I字になっていれば細かい部分も処理しやすくなっているので、顔の産毛を処理するのであればI字の電気シェーバーを使いましょう。

電気シェーバーと聞くと高いのでは?と思いがちですが、最近はフェイス用のものはとても安く販売されています。1000円程度で販売されているものもありますので、これも手に入れやすい価格帯と言えるでしょう。

電気シェーバーはカミソリと違って肌に傷をつける恐れが少ないので、正しい使い方で使用すれば肌に傷をつけることなく処理できるアイテムです。

メリットとデメリット

電気シェーバーのメリットは

  • 手軽に処理ができる
  • 安価で手に入る
  • 肌への負担が少ないのでトラブルの心配が少ない

などがあります。

続いてデメリットは

  • 毛根から処理するわけではないので毛がすぐに生えてくる

などがあります。

電気シェーバーは膚への負担を抑えつつ毛を処理できるアイテムです。デメリットも少なくなっているので、安心・安全に処理するのであれば最もおススメできます。

肌表面にでている毛だけを処理していくのですぐに新しい毛は生えてきてしまいますが、電気シェーバーは持ち運びができるコンパクトなものが多いので気になった時にすぐに処理することもできますよ。

一度電池を入れておけば長期間持ちますので、頻繁に電池交換をする必要もありません。手軽に処理できるアイテムとして非常に優秀です。

顔用の脱毛クリーム

脱毛クリームと言えばボディ用の物が思い浮かぶと思います。脚や手、脇などにクリームを塗布して、少し放置しておけばクリームが毛を溶かしていくというアイテムです。

クリームには毛を溶かす成分が含まれており、肌に塗布することで徐々に生えている毛を溶かしていきます。規定時間放置しておいてティッシュで拭き取り、洗い流せば毛がすっきりとなくなっているというものです。

このクリームは肌に塗布して放って置き、洗い流すだけなので非常に簡単なものです。それなのに毛を綺麗になくすことができるので使い勝手がいいのですが、使い方に慣れるまではキレイに毛を処理することができないと思います。

クリームは毛の生え際部分に塗らないと、毛の根元から綺麗に処理することができません。あくまでクリームが付着した部分の毛だけを処理していくので、根元についていないと綺麗に処理しきれないのです。

そのため初めて使う人は上手く処理できない恐れもあるので、使い方に慣れるまでは綺麗に処理できない事も多いと思っておきましょう。

また脱毛クリームはボディ用と顔用に分けられています。ボディ用のものを顔に使うとトラブルが出る恐れが非常に高いので、ボディ用のものは絶対に使わないようにしましょう。

メリットとデメリット

脱毛クリームのメリットは

  • 毛を綺麗に処理できる
  • 使い方が簡単
  • カミソリや毛抜きに比べて処理後が綺麗

などがあります。

続いてデメリットは

  • 使い方に慣れるまでは綺麗に処理できない
  • 肌への負担が大きい
  • コスパが悪い

などがあります。

脱毛クリームは仕上がりが非常にきれいなので、仕上がりのことを考えるととてもおススメできるアイテムです。

ただそれ以上にデメリットも多いのが難点。まず脱毛クリームは膚への負担が大きいといえます。毛を溶かす成分がメインに含まれており、その他に保湿成分なども含まれています。保湿成分がしっかり含まれていますが、毛を溶かす成分がメインとなっているので、この成分が肌に負担をかけてしまいます。

肌が敏感になっている人は肌に負担をかける恐れがあり、赤みやヒリヒリといったトラブルが出る恐れがあるので使用はおすすめできません。

また脱毛クリームは一度使う時は根元からしっかりとつけていかなければならないため、使用量が多くなります。

一度綺麗に処理できれば一時は綺麗な状態を維持できますが、上手くいかなかった場合はこまめに処理していかなければなりません。そうなると何度も使用してしまうので、あっという間になくなってしまうのです。

脱毛クリームは量の割に価格もそれなりに高いので、コスパに優れているとは言えません。安すぎるクリームは成分に不安があるので、脱毛クリームを使うのであれば肌への負担が少ないもの、そして保湿成分などが多く含まれているものを選んでください。

医療機関・脱毛サロンでの脱毛

脱毛に興味があるという人も多いのではないでしょうか?脱毛は医療機関や脱毛サロンで受けることができる技術のことです。

脱毛機器を毛根部分にあてることで毛根に刺激を与えて破壊し、毛を生えさせなくすることです。医療機関の場合は永久脱毛、脱毛サロンの場合は半永久脱毛ですね。

永久脱毛とは言っても一生生えてこないこともあれば、数十年たってから生えることもあるようです。ただ半永久脱毛は数年程度で生えてきてしまうので、それに比べると永久脱毛の方が効果が長続きします。

またこれらは医療機関・脱毛サロンそれぞれにメリット・デメリットがあります。ここではこの二つのメリット・デメリットを紹介しましょう。

医療機関脱毛のメリット
  • 永久脱毛だから長く毛が生えてこない
  • 数回受けるだけで脱毛を完了できる
医療機関脱毛のデメリット
  • 費用が高い
  • 痛みが強い
脱毛サロンのメリット
  • 痛みや肌への負担が少ない
  • 価格が安い
脱毛サロンのデメリット
  • 最低でも3年近く通う必要がある
  • 半永久脱毛なので数年たてば生えてくる可能性がある

それぞれでメリットとデメリット異なります。

毛根から破壊するため脱毛が完了すれば肌自体はとても美しくなります。毛を処理する必要がなくなることから肌に負担がかかることもありませんし、毛穴自体も目立たなくなるでしょう。

メリットが非常に大きいので、長く毛を生えてこさせなくしたい人はぜひ脱毛を検討してみてください。

顔の産毛を処理して肌を明るくしよう!

顔の毛をしっかり処理すれば、顔の産毛を綺麗になくして肌に透明感を取り戻すことができます。毛穴が目立たなくなるので、お肌が格段に美しくなるでしょう。

処理方法には色々な方法がありますので、自分に合った方法で処理してみてくださいね。