ビタブリッドc スキンとフェイスの違いは?おすすめの使い方

 

 

ビタブリッドCスキンとは?

ビタブリッドCスキンとは長時間にわたってビタミンCの効果を持続させることを可能にしたパウダーのことです。

ビタミンCが持つ美容効果はご存知の人も多いでしょう。お肌のハリや弾力に欠かせないコラーゲンを合成する働きをサポートする他、お肌のターンオーバーを整える、皮脂の過剰分泌を抑制するといった効果もあると言われている美容に欠かせない成分の一つ。

このビタミンCは非常にデリケートな成分で、熱に弱く、壊れやすい成分です。化粧水によく含まれる成分の一つではありますが、壊れやすいことから化粧水に含まれたいたとしても肌の角層に浸透するまでに壊れてしまい、せっかくのビタミンCの効果を生かすことができないのです。

ビタブリッドCスキンに配合されているのはピュアビタミンCというビタミンCの一種。これを特殊構造ミネラルで包むことによってビタミンCを壊さずに肌の角層にまで届け、その効果を長時間いじさせることをかのうにしています。

最長12時間留まり続けるので、朝と晩の2回のケアでビタミンCの効果を欠かすことなく実感できるというわけです。

ビタミンCが持つ美容への効果を最大限にまで生かすことに着目したパウダーなので、ビタミンCが持つ効果が気になっている人に特におすすめですよ。

ビタブリッドCフェイスとは?

ビタブリッドCシリーズにはビタブリッドCフェイスというものもあります。

ビタブリッドCフェイスは、ビタブリッドCスキン同様、ピュアビタミンCを含むパウダーが最長12時間お肌にとどまることで、ビタミンCの効果を長続きさせる化粧品。

壊れやすいビタミンCですが、特殊構造ミネラルで包むことでしっかりビタミンCを守ってくれるので、壊れることを心配して使う必要はありません。

存分にビタミンCの効果を実感することを可能にした化粧品です。

ビタブリッドCスキンとフェイスの違いまとめ

ここまでにビタブリッドCスキンとビタブリッドCフェイスについて紹介して来ましたが、この二つって何が違うの?同じ製品?と思った人も多いのではないでしょうか?

たしかにこの二つ、化粧品に配合されている成分や化粧品によって得られる効果がほぼ一緒です。なので何が違うのかが気になるところですね。

この二つの違いはフェイス用かボディ用かという点です。

ビタブリッドCフェイスは顔用、ビタブリッドCスキンは体用となっています。

ビタミンCが持つ美容効果は顔だけでなく、体にもしっかりと働きかけます。

美容効果については先ほど紹介した通り、複数の御悩みを改善してくれることが期待できるので、ボディもビタミンCの働きを借りて綺麗にしたい!と考える人におすすめです。

ビタブリッドCスキンとフェイス、どんな悩みにおすすめ?

ビタブリッドCスキンとビタブリッドCフェイスは使う場所に違いがあるとご紹介しました。

では具体的にどんな悩みを持つ人にこそふさわしいのか?それについて紹介していきましょう。

ビタブリッドCフェイスを使って欲しい人

お肌のハリや弾力不足を感じている

肌のハリや弾力は加齢とともに減少していきます。また若くてもお肌が乾燥傾向にある場合は肌のハリや弾力不足と言った年齢肌トラブルに早くも遭遇するかもしれませんね。

このハリや弾力不足、お肌が乾燥していることも大きな要因ですがお肌のコラーゲン不足も大きく関わっているかもしれません。

肌にはもともとコラーゲンがあり、コラーゲンはお肌のハリや弾力を保つために存在します。しかし肌の感想や加齢によってコラーゲンの生成量が減少してくるとコラーゲンが少なくなり、どんどんお肌からハリと弾力が失われていくのです。

このコラーゲンの生成をサポートするのがビタミンC。ビタミンC不足のお肌にビタミンCを補給することでコラーゲンの生成量がアップするので、お肌にハリや弾力が戻ってくるのです。

シミやくすみに悩んでいる人

お肌のシミやくすみというのも人の印象を左右する大きなポイント。シミやくすみがあるとどうしても老けた印象になってしまうので、できることなら改善しておきたいですよね。

しかしシミやくすみの原因となるメラニン色素は肌のターンオーバーの乱れによってお肌に蓄積しやすくなります。蓄積することで頑固なしみやくすみとなり、色の濃い嫌なシミ、くすみになってしまうのですね。

肌のターンオーバーは加齢とともに乱れやすくなりますが、それ以外にも感想などによっても乱れやすくなります。そのため若くてもシミやくすみ画で始めることはあるので油断できません。

ビタミンCは美白にも大きな効果があることをご存知でしょうか?

ビタミンCはメラニン色素の生成を抑える働きだけでなく黒色メラニンを淡色メラニンに還元する働きも持っています。

メラニン色素は生成されてから体内の物質と合成することによって黒色メラニンへと変わります。黒色メラニンになると黒くなるので、肌から助けてメラニンがある部分がシミやくすみのように茶色に見えてしまうのですね。

黒色メラニンになってしまうと肌のターンオーバーで排出するしか改善する方法はありません。美容皮膚科などのレーザー治療を受ければすぐにでも改善が目指せますが、自宅でのケアとなると肌のターンオーバーを促すしかないのです。

ビタミンCがメラニン色素がある部分に働きかけることで黒色メラニンを単色メラニンへと変えてくれるので、肌のターンオーバーを目指さずにシミやくすみの改善が目指せます。

そのためシミやくすみに御悩みの人にもビタミンCは最適と言えるのです。

皮脂を抑えて毛穴を引き締めたい人

ビタミンCには皮脂の過剰分泌を抑制する働きがあります。

皮脂の過剰分泌を抑えることで余分な皮脂を抑えることができますので、皮脂によるニキビやテカリの予防にも効果的。

また皮脂の過剰分泌を抑えることによって毛穴の開きを抑制することにもつながります

皮脂が大量に出ている毛穴はたくさんの皮脂が出ていくことから開きがちです。そのため脂性肌の人は毛穴の開きについて悩んでいる人も多いでしょう。

ビタミンCが持つ力で皮脂を抑え、さらに肌をキュッと引き締めることで毛穴の開きもケアできますので、毛穴の目立たない美肌になることができます。

ビタブリッドCスキンを使って欲しい人

ビタブリッドCスキンもビタブリッドCフェイスと同じような悩みを持つ人におすすめです。体も顔と同じように、様々なトラブルが出てきます。

また体は顔に比べても範囲が大きいので、観戦も非常に多くなっています。このことから背中やデコルテと言った部分に皮脂によるニキビが大量にできてしまうこともありますので、体のニキビにも注意したいところです。

ビタブリッドCスキンは先ほど紹介した通り、皮脂を抑える働きがあります。このことから体のニキビの予防にも繋がりますよ。

またビタミンCはシミやくすみの原因となる紫外線にも大きく関係してきます。腕や足と言った部分に日焼けの症状を実感することも多いでしょう。若い時は特に気にしなくても、年齢とともに気になってくるものです。

ビタミンCを長時間体に働かせることでメラニン色素の抑制をしてくれるので、シミくすみ、日焼けの予防になります。

ですのでビタブリッドCスキンは顔だけでなく体もしっかり美白対策をしたい、ニキビを予防したいと考えている人におすすめです。

ビタブリッドCスキンの使い方

ビタブリッドCはフェイスもスキンもパウダー型となっています。そのためビタブリッドCスキン単体では使用できません。

普通の水にパウダーを混ぜてそれを体に塗り込んで言ってもいいですし、普段使っているボディクリームにビタブリッドを混ぜて使用することもおすすめです。

体にビタブリッドCを届ければ問題ないので、水やボディクリームに混ぜてしっかり肌に浸透させておきましょう。

一度使うと最長12時間その効果を発揮しますので、朝、晩の二回の使用で一日中お肌にビタミンCを与えることができますよ。