むくみの原因は?原因を知って症状を予防しよう

朝起きた時や夕方ごろになると顔や足がパンパン…こんなお悩みを抱えている人はとても多いと思います。それは体のどこかがむくんでいるということ。むくんでしまうと顔はパンパンになるのでいつもに比べて顔の大きさが大きくなってしまいますし、足がむくんでしまうと足がいつもより大きくなるので靴がはいらないなんてこともあります。

むくみの症状が酷い人はパンパンになりすぎて痛いと感じることもあるので、むくみが酷いと感じたらむくみを改善し、むくまないように気を付けておかなければなりません。

ここではむくみについて詳しく解説していきますので、むくみがツラいと悩んでいる人はぜひ見てみてくださいね。

むくみとは?

むくみとは医学的には浮腫と呼ばれています。人の血管には血液の他、水分などが流れています。この水分が血管の外に出て、皮膚の下に溜まってしまうことで浮腫が発生します。

ではなぜむくみが発生するのか?これについてイラストを使って紹介しましょう。

上のイラストは正常な状態です。

心臓とふくらはぎにあるポンプが正常に動くことによって血液は全身にめぐらされるので、浮腫みを感じることもないでしょう。

正常な状態で血液中には水分があり、その水分は少しずつ血管外にしみ出していきます。しみ出した水分を間質液と言い、この間質液は体内の二酸化炭素や老廃物を拾い、心臓へと戻ります。これを再吸収と言います。

基本的にはこの血管外に染み出る水分量と心臓に戻る再吸収する水分量は一緒です。一緒であることで正常に動くのですが、何らかの理由によってどちらかの量が多くなると、皮膚の下に水分が溜まってむくんでしまうのです。

ふくらはぎ部分のポンプが正常に動かない事、何らかの原因によって血管外に出る水分量と再吸収される水分量に差が出ることがむくみの原因と言われています。

むくみやすい部位ってある?

多くの人がむくみを感じる部分と言えば足でしょう。特に日中座っていることが多い人や長時間同じ体勢でいることが多い人は足にむくみを感じる事が多いと思います。

これは同じ体勢でずっといることによって足部分の筋肉が衰え、ふくらはぎ部分のポンプが正常に作動していない事が考えられます。

上記イラストで紹介したように、ふくらはぎにはポンプがあり、このポンプが体の上部に血液を送り出す役割をはたしています。ふくらはぎのポンプが正常に動かなくなれば上部へと血液を送る事ができないので、水分が下の方に溜まりやすくなってしまいます。

これが足がむくみやすい理由です。

むくみやすい時間帯は?

むくみやすい時間帯は主に夕方です。

仕事や学校で一日中座りっぱなしだったという人は、足の筋肉を動かしていないのでポンプの動きも鈍っています。そのため水分が皮膚の下に溜まり、足がパンパンになってしまうというわけです。

しかしむくんでしまうのは何も夕方だけではありませんし、足だけでもありません。

朝起きた時、顔がむくんでいると感じたことはありませんか?これは眠っている時に顔周辺に水分が溜まってしまう事が原因。眠っている時は体が長時間横になっている状態なので、顔だけでなく他の部分がむくんでしまう恐れもあります。

そのため朝のむくみはどこに出るかわからないと思っておきましょう。

起きてから身支度をしている時に体はしっかり動きますので、早ければその段階でむくみは取れますよ。

むくんでしまったどうすればいいの?

気になるむくみのケアですが、浮腫みのケアはマッサージをすることが大事。マッサージをすることで血液が巡りやすい状態を作りだせば、溜まっていた水分も均等にめぐるようになります。

そうすればむくみの症状が徐々に改善されていくので、マッサージをできるのであればマッサージをしてむくんだ部分をほぐしましょう。

マッサージができない場合はその場での改善が難しくなります。マッサージができない場所となるとやはり仕事中などが思い浮かぶと思いますので、その場合は着圧ソックスやタイツなどを使用することをお勧めします。

着圧ソックスやタイツは履いておくことで部分的に圧を与え、圧を与えることによって巡りを良くしていくというものです。これを履いておけばマッサージの必要もありませんし、浮腫みを予防することもできますよ。

むくみを予防するには?

むくみを予防するには上で紹介した着圧ソックスがおすすめ。着圧ソックスを履いておけばむくみをある程度予防できるので、むくみやすい人は普段から履いておくと良いでしょう。着圧ソックスの中には真っ黒なシンプルデザインのものもあります。そういったものは仕事中でも履けるようなものになっているので、仕事中はそちらを履いておくと良いでしょう。

冬になるとタイツなども販売されるので、浮腫み予防と防寒にもなりますよ。

普段から血の巡りを良くしておくことも大事です。血の巡りを良くするには規則正しい食事や生活習慣がとても大事。栄養バランスの整った食事を三食食べ、睡眠時間をたっぷりとるようにしましょう。

睡眠不足や栄養不足は冷えを招きますし、ストレスも溜まります。こういったことから徐々に血の巡りが悪くなっていくので、普段から規則正しい生活をするよう心がけましょう。