暑くないのに汗をかくのはなぜ?精神的な原因を解説!

大して暑くもないのに汗が出る…。こんな経験ありませんか?

日本人は真面目で神経質な人が多いと言われている人種です。欧米などでは自分の体臭をあまり気にしない人が多いですが、日本人は毎日お風呂に入って体を清潔にし、気になるニオイの元となる汗や汚れを必ず落とします。

ここまでの徹底ぶりなので、汗をかけばニオイが気になってしょうがないという人も多いでしょう。神経質な人は周囲の目も気にしがちなので、特にニオイがすることでの自分への声も気になってしまう物。

「臭い…」

「あの人、汗かきすぎじゃない?」

「なんであんなに汗かいているの?」

なんて声が聞こえてきたら、自分のことだと感じてどう対処すべきか一生懸命考えてしまいますよね。これは神経質な人のあるあるだと思いますが、このあるあるが汗が出る原因になっている可能性があります。

汗は精神的なストレスによって増える

汗をかくと周囲の目が気になり、どう対処すべきか・私自身のニオイなのかなどが気になりますよね。すぐに汗ふきシートで服などの対処ができればいいですが、働いていればそれも難しいでしょう。

対処ができないということはそのままの状態で過ごすことになるのですが、汗をかいていることで周囲に迷惑をかけていないかが気になる場合もあります。周囲に不快な思いをさせていたら…と思うと申し訳なくなってしまいますよね。

こういった思いは精神的なストレスとなります。精神的なストレスを感じれば感じる程汗をコントロールする機能が狂い、たくさんの汗を分泌してしまうのです。

たくさんの汗が出ればさらに周囲の目が気になりますので、さらに精神的ストレスが溜まってまた汗が出る…。この繰り返しです。気付けば体中びっしょりなんてこともあるかもしれません。それだけストレスは体にとっても汗にとっても悪影響なものなので、出来ればストレスを溜めないようにしておきたいものです。

ストレスを溜めないようにするには?

精神的なストレスによる汗はストレスを溜めないようにすることで抑える事が可能です。ただ周囲の目を気にしてしまうのは性格によるので、こればかりはどうしようもありません。ですので根本の原因となる汗をどうにかしましょう。

そもそもストレスが溜まる原因となるのは汗が出ることによるもの。汗を抑えることができれば周囲の目を気にすることもないのでストレスも溜まりません。

汗を抑えるには体の汗の分泌量をコントロールすることが大事です。特に汗の量が多いと感じている人はコントロールする機能が乱れている可能性があるので、この機能の改善を目指しましょう。

汗の分泌量をコントロールするのにおすすめなのがクリアネオ。クリアネオは汗を抑える・殺菌と言った制汗剤の効果も持っていますが、汗腺の根に働きかけて汗の量をコントロールする成分も配合されています。病院での治療のように即効性はありませんが、毎日ケアしていくことで次第に汗の量を抑えることができるようになりますよ。

クリアネオ

こちらがクリアネオです。

ネット通販限定の商品で、汗だけでなくワキガなどの改善も期待できる商品です。制汗剤としての機能も優れているので、普段からの制汗ケアとしても活躍しますよ。全額返金保証がついており、保証期間は永久となっているので、じっくりその効果を試すことができます。

長期間使っても改善されなければ商品代を返金してもらうことも可能なので、単品購入ではなく定期購入がおすすめです。ネット通販限定の商品の定期購入は数か月以上の契約が必須という物が多いですが、クリアネオはいつでも解約可能となっています。一ヵ月使って効果を実感できなければ解約ということも可能なので、割引される定期購入がとてもお得な商品です。

この商品を使ってケアをしながら、脇汗パッドや吸水性に優れたインナーなどを着ることもおすすめ。しっかりと対策をすれば汗を気にすることもありませんので、汗によるストレスを防ぐ事が可能なのです。

汗を感じれば多少のストレスはたまると思いますが、ストレスが溜まったら逐一発散するようにしましょう。そうしなければどんどんストレスが溜まり、汗以外のトラブルも出てきてしまいます。

人間にとって汗は必要不可欠なものです。汗が出なくなれば体内の体温調節ができなくなりますので、これはとても危険な事。そのため汗は必要ですが、しっかりと対策をしておけば汗を気にすることなく過ごすこともできます。

夏になってからでは遅いので、春頃から汗対策についてしっかりと考えておくと良いですよ。