汗が臭い…もしかして何かの病気!?汗について徹底解説!

汗が臭いと感じたら多くの人が制汗剤などでケアすると思いますが、どれだけケアをしても汗のニオイが気になることもあると思います。実は汗が臭くなってしまうのは病気が原因ということも。ここで汗が臭くなってしまう病気について紹介していきます。

汗のニオイが臭くなってしまう病気とは?

汗のニオイが臭くなるのは病気の可能性もありますし、内臓のどこかの機能が低下していることもあります。詳しく紹介していきましょう。

糖尿病

糖尿病になると、体内にケトン体という物質が発生します。このケトン体が血液に入ることで全身にケトン体が行き渡り、それが汗となって一緒に出ることで臭いを発します。

ニオイは甘酸っぱいニオイがするようです。

胃炎などの胃腸に関する病気

胃腸に関する病気になると、食べ物を食べても上手く消化されず、胃腸の中に蓄積してしまいます。消化されなかった食べ物は体内で異常発酵し、強い悪臭を発します。この悪臭を放つものが体内に吸収されてしまうと血液の中にも悪臭が漂ってしまいますので、汗をかくことでこの悪臭も同時に体外に放出されてしまうのです。

ニオイは卵が腐ったような強い腐敗臭と言われています。

便秘

便秘になると体内に老廃物が蓄積してしまうので、悪臭を放つようになります。それが腸壁から体内に吸収されることで体から悪臭がするようになってしまいます。

腎機能の低下

腎臓は体内の老廃物や毒素を尿として排出する機能を持ちます。腎機能が低下することで尿が出にくくなりますので、老廃物や毒素も体内に蓄積してしまう事に。これらが体内に蓄積することで血液中にも毒素が回りますので、汗と一緒に強い悪臭も体外に排出されてしまうのです。

臭いはアンモニア臭と言われています。

肝機能の低下

肝臓はニオイ物質を分解する働きを持つのですが、肝機能が低下することによってニオイ物質を分解することができず、そのままにしてしまいます。分解されないまま血液に取り込まれると、悪臭が汗と一緒に体外に排出されるので、汗が臭くなってしまうのです。

臭いはドブのような強い悪臭だと言われています。

このように汗のニオイが臭いと感じたら、病気になっている、または内臓のどこかの機能が低下している恐れがあります。機能の低下の場合はすぐに病院に行って適切な治療を受けることで改善する可能性がありますので、ニオイが強いと感じたら一度受診してみるべきでしょう。

何をしても改善しない場合は病院へ

特に体に異常がない場合は自分が病気にかかっているなんて思わないもの。単純に汗のニオイが臭いと感じるだけかもしれないし、これだけで病院に行くのはちょっと…と思ってしまいますよね。汗のニオイが気になるだけなら、汗のケアを始めてみてはどうでしょうか?

汗のケアは制汗剤や汗ふきシートで行うことができます。汗をかいたなと思ったら汗ふきシートでこまめに拭いておきましょう。ニオイは汗からするのではなく、皮膚表面にでた汗が菌に分解されることによって出るものです。そのため肌にいる菌はこまめに殺菌して、肌を綺麗にしておく必要があります。

また制汗剤は汗腺を塞いで汗を出にくくする効果だけでなく、殺菌効果がある物もあります。制汗剤は朝一番に使用することが多いと思うので、制汗剤を使う前に患部を綺麗にしておきましょう。それから制汗剤をつけることで制汗剤が汚れのない清潔な肌に付着しますので、制汗剤の効果をより実感できますよ。

制汗剤は汗を抑える効果がありますが、汗が大量に出れば当然効果も弱くなります。そのため制汗剤もこまめに使っておく必要があります。トイレに行ったときなどにケアすると良いでしょう。

これらのケアをしても汗のニオイが全く消えない、むしろ悪臭が強い…という場合は上記の病気にかかっている可能性もありますし、内臓のどこかが弱っている可能性だってあります。放っておくと症状が悪化する可能性もありますので、ニオイがどうしても気になるという場合は一度病院に行って診た方が良いでしょう。

病気は早期発見によって完治の可能性が高まります。逆に長く放置しておけばそれだけ症状が進行してしまうので、完治が難しくなることもあるのです。たかがニオイと思うかもしれませんが、ニオイも病気を知らせるサインの一つなので見逃さないようにしてくださいね。