突然敏感肌に!敏感肌になる仕組みとは?ケア方法についても紹介

今まで肌に何の問題もなかったのに、急にトラブルが起きるようになった…こんな悩みを抱えている人って意外に多いんです。急に肌質が変わったら、これからどんな化粧品でケアすればいいのか迷ってしまいますよね。またなぜ突然肌質が変わったのかと思い悩んでしまう人もいると思います。

ここでは突然敏感肌になる原因、敏感肌になる仕組みなどを紹介していきます。

どうしていきなり敏感肌になるの?

昨日まで使っていた化粧品、今日使ったら突然肌荒れが…。これを体感したことがある人は、なぜ急に敏感肌に!?と驚いてしまうでしょう。しかしこれ、実は突然というわけでもないんです。敏感肌になるまでには肌が乾燥するということがあり、その乾燥が悪化することで敏感肌へと変化してしまうのです。

乾燥している状態が続いているにもかかわらず保湿ケアが足りないのであれば、さらに乾燥は進みます。乾燥が進むことで肌のバリア機能が正常に作動しなくなり、外部からの刺激(紫外線・ホコリ・肌への摩擦など)を受けることで肌が傷ついてしまいます。この乾燥→ダメージを受けるという繰り返しで肌はどんどん弱くなり、バリア機能が作動しない事からちょっとした刺激にも弱くなります。
この状態を敏感肌と言います。

敏感肌になる仕組みについて

敏感肌になる仕組みは上記で紹介しましたが、よりわかりやすいようにイラストを交えて紹介していきます。
まずこれが正常な肌の状態。

乾燥が進むことによって肌のバリア機能はどんどん弱くなります。

バリア機能が弱くなると外部刺激が肌に直接伝わるようになり…

ダメージを受けた肌は肌トラブルとなって現れます。

敏感肌が受けるダメージで主なのは痒み・赤み・ニキビなどです。吹き出物などのトラブルが現れることもあります。

敏感肌だと思ったらすぐにケアを開始!

敏感肌になったかも?と思ったらすぐにケアを開始しましょう。放置しておくとさらに乾燥が進んでしまい、肌がボロボロの状態が続いてしまいます。些細な刺激に弱い状態なので肌トラブルが多発する恐れがありますよ。

敏感肌はここまで書いてきたように刺激に弱い状態です。そのため通常の肌のために作られた化粧品はNG。成分が刺激となって肌トラブルが起きる可能性があります。敏感肌の人は刺激がほぼない化粧品を使いましょう。今は敏感肌専門の化粧品なども多くあるので、ネットの口コミなどを見てより多くの人が安全に使えているものがおすすめ。

市販で言えばキュレルなどは口コミも良いので安心して使えるかもしれません。市販の物が不安な人はネット通販で販売されているディセンシアシリーズがおすすめです。ディセンシアシリーズはアヤナス・サエル・つつむの3つのシリーズがあり、いずれも敏感肌のために作られた化粧品です。それぞれで効果が変わるため、自分が欲しい効果を実感できるものを選ぶと良いですよ。

お値段が少し高いので買うことを躊躇する人もいるかと思いますが、ディセンシアはお値段相応の効果が望めます。
私はアヤナスはトライアルセット・現品を、サエルとつつむはトライアルセットを使用したことがあります。どのシリーズを使っても高い保湿効果を実感できましたので、敏感肌を改善するためのケア商品としては本当におススメできる商品です。私は敏感肌の時に使用したのですが、現品を使い終えた頃には些細な刺激ではトラブルが起きなくなりましたし、今では肌は健康そのものです。アヤナスを使ってから変わったので敏感肌改善の効果も期待できると思います。

敏感肌は日頃からの保湿ケアを行うことが大事ですが、使う化粧品は刺激がなくしっかりと保湿をしてくれるものでないと意味がありません。そのため敏感肌の人は化粧品選びは慎重に行ってください。肌に合わないと思ったらすぐに使用を中止することも大事です。使用を中止しないと刺激がいつまでも肌に加わりつづけるので、酷い肌荒れを起こしてしまいますよ。

【アイテム訴求・クリーム】アヤナストライアルセット