中々消えない目の下のクマ…原因と解消法を紹介します

目の下のクマは女性にとっては大きな悩み。ファンデーションやコンシーラーを使えばある程度は隠すことができますが、化粧を取ってしまえば目の下は真っ黒…これでは顔全体の印象が暗く見えてしまうので、どうにかしておきたいですよね。クマには種類があり、それぞれで解消法も変わります。ここではクマの種類と原因、そしてその解消法について紹介していきます。

目の下のクマの種類とは?

まずクマの種類ですが、クマの種類には三つあります。茶色の茶グマ、青くなった青グマ、黒くなった黒グマの三つです。


茶グマはシミなどと同じく、色素沈着によってできたクマです。茶グマにはレベルがあり、軽いものは表皮のシミ程度のものですが重いものは真皮の奥にメラニン色素が沈着してしまったことが原因によるものです。


青グマは目の周りの血管に流れる血液の流れが悪くなっていることが原因です。目の周りにはたくさんの血管があり、それらの流れが滞ることで血管が透けて見えるようになります。血液の流れが悪くなる原因はストレス・不規則な生活習慣・パソコンやスマホによる目の疲れなど様々。睡眠不足の場合もこの青グマができる原因となります。


黒グマは生まれつき目の下の脂肪が少ない人や加齢によって目の下の皮膚の弾力が失われることが原因です。皮膚が薄いことで目の下にたるみが生じ、それが原因で目の下が窪んで見えます。その部分に影が出来てしまうことから目の下が黒く見えるのです。

目の下のクマを解消するには

目の下のクマの原因がわかったらそれを解消する方法を探しましょう。中には医療機関での治療が必要なものもありますので、どうしても気になるから何としてでも治したい!という人は医療機関での治療を検討してくださいね。
では種類別の解消法を紹介していきます。

まずは茶グマ。
茶グマは色素沈着によってできたクマなので、美白効果のある化粧品でのケアが有効です。すぐに効果がでるものではありませんが、毎日しっかりとケアすることで徐々にクマが薄くなっていくでしょう。
これは表皮レベルのクマの場合です。
上記に書いたように重い場合は真皮の奥の方にメラニンが沈着していますので、この場合は美白化粧品を使ってもケアすることが難しくなります。
美容整形外科などで行われるレーザー治療が有効なので、茶色の部分が濃い場合は一度医療機関を受診してみましょう。

次に青グマ。
青グマは普段の生活習慣が原因であることが多いので、まずは原因の解消が大事。ただ仕事でパソコンを使う人は多いと思いますし、スマホも現代人にとっては必需品。これを解消することはまず無理と言えますよね。
解消することが無理なら目をしっかりといたわってあげましょう。おすすめはホットアイマスクです。ホットアイマスクで目元周辺を温めてあげることで血液の流れもスムーズになります。
それに加えて血の流れを良くする効果のある食材などを食事に取り入れることもおすすめ。
月に1~2度のペースで目元のエステに行ってもいいですね。

最後に黒グマ。
黒グマはじぶんでのケアが非常に難しいので、医療機関の受診をお勧めします。肌に弾力を取り戻すためにヒアルロン酸の注射をする、手術をしてくぼみをなくすなどの方法があります。自分でケアをするよりも格段に効果を実感できるので、気になる場合はお医者さんに診てもらいましょう。

当サイトではアイキララという商品を紹介しています。アイキララは加齢に伴う弾力が失われた肌を再生する効果が期待されているので、黒グマで悩んでいる人におすすめです。即効性はありませんので長期的な使用になりますし、自分が思っているように完璧に治るかどうかは保証できませんが、自宅で少しでもケアしてみたいという人はぜひ使ってみてください。
実際に使って目の下の印象がすっかり変わったという人もいますので、効果が出ている人もいますよ。
アイキララ

クマは種類別に解消法が変わる

クマは種類によって大きく解消法が変わります。原因を解消することも大事ですが、原因を解消できない物の方が圧倒的に多いでしょう。そのためには解消法を実践する必要がありますので、ファンデーションやコンシーラーで隠すよりも解消法を実践して根本からケアしてあげてくださいね。