臭い体臭・口臭・加齢臭…臭いの原因は?改善できる?

体のニオイは加齢とともに気になってくるもの。ある程度年齢を重ねると、あれ?私ってなんかニオイがする…?と気になってきますよね。ある程度年齢を重ねていれば加齢臭がしてしまうのは自然な事。多くの人が経験することなので、気に病むよりも改善する方法を探した方が良いでしょう。

若いときは加齢臭のようなニオイがすることはありませんが、口臭や体臭は生活習慣などによって出ることがあります。

ここでは口臭・体臭・加齢臭の原因やその改善方法について紹介していきます。

口臭の原因は?

口臭の原因には数々のことがありますので、一つ一つ紹介していきましょう。

1.舌に付着した食べかすや死んだ細胞など

人は誰でも毎日何かを体内に入れます。食べ物はもちろんのこと、飲み物だって飲みますよね。そういったものは体内に入る前に歯にも付着しますし、舌にも付着します。歯に付着したものは歯磨きで取ることができますが、正しい磨き方でないと歯に付着したまま残ってしまう事に。さらに舌は磨いていないという人が多いため、舌には食べかすなどが付着したままとなってしまいます。

舌には食べかすや粘膜上皮の新陳代謝で剥がれた細胞などが付着しており、それらは舌苔と呼ばれます。この舌苔が口臭の原因の一つなのです。

2.口内の乾燥によるもの

口の中が乾燥すると、自分の口臭が臭いかも?と感じたことはありませんか?これは唾液の分泌が減少していること、口内が酸欠状態になることで雑菌が繁殖してそれが臭いを発することが原因の可能性が高いです。

口の中が乾燥する原因はたくさんのことがあります。

  1. 精神的ストレスを感じる
  2. 緊張状態にある
  3. コーヒー・お茶を飲んだ
  4. 喫煙

これらの原因によって口の中が乾くと唾液が少なくなったり、口の中に雑菌が繁殖しやすくなります。雑菌が繁殖することによって悪臭を放つようになるのですね。

3.食べ物による口臭

ある食べ物を食べると口臭が気になることってありますよね。代表的なものと言えばにんにくです。ニンニクが入っている食事を食べると口臭がきつくなりますので、食後のブレスケアが必須となります。

ニンニク以外にもニラ・アルコール・キムチなども口臭がきつくなるものです。これらが含まれている食事の後は必ずケアをしておきましょう。

4.病気・免疫力の低下によって起こる口臭

口臭は病気にかかることでもきつくなります。口臭がきつくなる病気の大半は虫歯や歯周病。虫歯になると歯を菌がどんどん蝕んでいくため、歯に空洞ができてしまいます。その空洞に食べかすが詰まると、場所によっては歯磨きでも落とせないことも。歯磨きで落とせなかった食べかすは時間の経過とともに腐ってしまい、それが原因で口臭がきつくなってしまうのです。

歯周病にかかると歯と歯茎の間に隙間ができます。これを歯周ポケットと言います。この歯周ポケットは細菌にとっては絶好の場所。この場所に細菌が入って繁殖することでも口臭がきつくなってしまいます。

その他にも肺がん・肺結核・胃がん・咽頭炎・肝臓がんなどの病を発症することでも口臭に変化が現れます。糖尿病なども口臭がきつくなる原因なので、他に病気の症状があればすぐに病院に行くようにしましょう。

体臭の原因は?

体臭は男性と女性で異なる項目があります。まずは女性の体臭について紹介していきましょう。

1.生理前のニオイ

女性は毎月月経があり、この月経には女性ホルモンも大きく関係します。月経前はホルモンバランスが乱れやすく、男性ホルモンが優位に立つことがあります。男性ホルモンには皮脂を過剰に分泌する働きがあるため、通常よりも皮脂や汗が出やすくなってしまうのです。皮脂が過剰分泌することで皮脂腺に皮脂が詰まってしまい、それが酸化することによって独特のニオイを発します。

女性なら誰もが分かることだと思いますが、デリケートゾーンは特に蒸れやすい場所です。特に暑い時期は毛があることでも蒸れてしまいますし、生理用のナプキンをつけることでさらに蒸れます。しかしナプキンを付けないわけにもいかないので、この蒸れを防ぐには様々な工夫が必要となります。

2.ダイエットで食事制限をした時のニオイ

ダイエットで食事制限をするのは当たり前ですよね。いつも通り食べても痩せるわけはありませんから、食事量を抑えることも必要です。ただ中には極端な食事制限をする人もいます。極端な食事制限と言えば、やはり断食でしょう。断食ダイエットは効果があると言われていますが、断食期間は栄養素が体に補給されないので体内に乳酸が溜まりやすくなります。この乳酸が体外に排出されるとアンモニアのようなニオイを発するため、ダイエット中に体臭がキツイと感じたらこの乳酸が原因かもしれません。

3.更年期のニオイ

更年期の症状にはいくつかありますが、のぼせや火照りといった体全体が異常に熱くなる症状を実感している人も多いのではないでしょうか?これも更年期特有の症状なのですが、この体温の上昇によって発汗が促されることによってニオイを発することがあります。

汗はエクリン線とアポクリン線から出されるのですが、アポクリン線から出される汗はアンモニアなどきつい臭いを持つ成分が混じったものです。ワキガの原因でもあります。このアポクリン線から出された汗が皮膚にいる菌に分解されることによってキツイニオイを発することがあります。


続いては男性のニオイについて紹介します。コチラは女性でも発する可能性があるニオイなので、男女共通の原因です。

1.加齢臭のニオイ

体臭と言われて一番に思いつくのは加齢臭ではないでしょうか?特に三十代後半の人は自分も加齢臭がするのでは?と心配になってしまいますよね。この加齢臭について詳しく知りたい人は多いと思うので、加齢臭は別の項目にて詳しく紹介します。最後まで見てみてくださいね。

2.足の裏のニオイ

夏場は特に足の裏のニオイを気にする人が多くなります。特に革靴を履くことが多い男性は足の裏のニオイについて悩んでいるのではないでしょうか?

足の裏は意外に汗をかきやすい場所。その上靴を履いている時間が長ければ長いほど蒸れて湿気が多くなりますので、菌が繁殖しやすい環境なのです。足の裏から出た汗が菌に分解されることで臭いを発しますので、夏場は特に足の裏のニオイが強くなってしまいます。

3.ワキガのニオイ

こちらは上記の更年期の項目でも紹介したように、アポクリン線という汗腺から出る汗が皮膚の常在菌に分解されることで独特の嫌なにおいを発するものです。アポクリン線は誰の体にもある物ですが、アポクリン線が人よりも多い場合はワキガ体質と言われます。このワキガ体質の人はアポクリン線から出される汗が多いため、ワキガのニオイが強くなってしまうのです。

アポクリン線の数は遺伝によって左右されると言います。両親のどちらかがワキガ体質の場合は子供にもそれが受け継がれるので、両親のどちらかがワキガの人は自分自身もワキガ体質の可能性があると思っておきましょう。

このワキガは自分自身ではニオイがわからないため、気付かないうちに周囲に嫌な思いをさせてしまっていることが多々あります。ワキガかどうかを調べるには耳の中を綿棒で擦ってみるという方法があります。擦ってみて綿棒についてきたのが湿った耳垢か、逆に乾いた耳垢かどうかでワキガの可能性が高いかどうかを調べられます。

アポクリン線は耳にも多くあり、アポクリン線からは常に汗が出され続けているので耳の中も湿った状態となります。そのため湿った耳垢が取れた場合はワキガの可能性が髙いということです。

4.頭皮のニオイ

頭皮のニオイも自分自身では気づきにくいですが、周囲からは気付かれやすい臭いです。自分で確かめるには頭皮を指の腹で擦り、それを嗅ぐという方法があります。指の腹についた臭いが頭皮からしているということなので、頭皮のニオイが強い人はすぐにわかりますよ。

頭皮のニオイの原因はシャンプーの際に落としきれなかった汚れや菌などです。汚れや古い角質は酸化することによって臭いにおいを発します。また汚れなどが大量にある場所は菌にとってはエサがたくさんなので繁殖しやすい場所。菌が繁殖することによってもニオイを発しますので、シャンプーの仕方に原因があるのかもしれません。

加齢臭の原因は?

加齢臭の原因となるのはノネナールというものです。これは40代から分泌量が多くなると言われている脂肪酸が皮膚表面にでて酸化することで発生します。

加齢臭は男性のニオイの一つと思われるかもしれませんが、女性でも加齢臭に悩む人はいます。加齢臭は皮脂の分泌が過剰な時に発生しやすいものです。男性は男性ホルモンが多いことから皮脂の分泌量が女性に比べると多いため、男性の方が発生しやすいと考えられています。ただ女性も40代を過ぎると女性ホルモンの分泌量が減り、男性ホルモンが優位に立つようになります。そうなれば女性でも皮脂の分泌量が増えますので、この加齢臭が発生する恐れがあるのです。

口臭の改善方法

口臭の改善方法は原因によって異なります。舌に食べかすや死んだ細胞が付着していると、本来なら赤いはずの舌が苔によって白くなってしまいます。そのため舌が白い場合は舌のお掃除をしましょう。舌専用のブラシはドラッグストアなどでも販売されていますので、それを使って舌磨きをしてみてください。

※注意点→舌の苔は誰にでもある物です。この苔を全て取ってしまうと逆に細菌が繁殖しやすい状況となってしまうので、全てを取り除かないように注意しましょう。口臭が酷い場合は週に2~3度のケア、それほどひどくない場合は週に1回程度ケアしておけば大丈夫ですよ。

乾燥による口臭の改善は水分をこまめに摂取することです。水分をこまめに摂取することで唾液が分泌されます。唾液には口内の洗浄や殺菌効果がありますので、水分補給をして口内が乾燥しないようにしておきましょう。

※注意点→水分補給に一番適しているのは水です。カフェインが含まれた飲み物は唾液の分泌を抑えてしまいます。糖分が含まれた飲み物は口の中を酸化させる働きがあります。口内が酸化することで口臭がきつくなりますので、カフェインも糖分も含まれていない水が口臭改善のためにも最適です。

食べ物による口臭は極力食べないことが一番ですが、ニンニクは風味づけとしてもよく利用されているので避けることは難しいでしょう。ニラなども栄養素が豊富に含まれているので、出来れば食べておきたい野菜の一つです。

口臭がキツクなるものを食べた後はすぐに歯を磨いて食べかすを綺麗に除去することです。その後にブレスケア用品を使っておけば、ある程度は口臭を抑えることができます。アルコールにしても同様です。アルコールが抜けるまでは臭いもしますが、ケア次第ではニオイを抑える事ができるので、アルコールを飲んだ後はしっかりとブレスケアしておきましょう。

病気に関する口臭は病院に行って治療を受けるしかありません。どの病気に関してもそうですが、早めに病院に行って治療を受けなければ症状が悪化するものばかりです。特にがんは早期発見・早期治療を受けることで改善が期待できます。口臭以外の何らかの症状があれば、念のため検査を受けておいた方が良いでしょう。

虫歯や歯周病にしても同様です。放っておけば症状が酷くなり、最終的には歯がボロボロになってしまいます。ボロボロになった歯は抜くしかありません。そして抜いたところは永久歯であればもう生えてきませんので、作り物の歯を差し込むしかなくなるのです。

食べたり飲んだりして痛みを感じている時は症状が進行している証拠。その痛み少しすれば治まり、次第に痛みを感じなくなります。ここで治ったのかと思う人もいますが、残念ながら治療もしていないのに治ることはありません。これは神経にまで菌が侵食している証拠です。神経にまで菌が侵食すれば神経が死んでしまう為、痛みを感じなくなってしまうのです。そして神経が死んだ抜歯せざるをえません。

歯医者に行きたくないという気持ちはとてもよくわかりますが、放っておいていいことは一つもありません。歯を失いたくないのであればすぐに歯医者に行きましょう。

※注意点→歯医者に行って特に異常がなくても、三ヶ月に一度は定期健診に行くようにしましょう。歯は知らない間に菌に蝕まれ、侵食されていくものです。定期的に行くことで虫歯を初期段階のうちに見つけることも可能なので、治療も早めに終わり健康的な歯を維持できますよ。

体臭の改善方法

では体臭の改善方法について紹介していきましょう。

まずは生理前のニオイですが、これはこまめにナプキンを変えることと、デリケートゾーンを清潔にしておくことです。
ナプキンは3時間おきくらいに変えることが望ましいです。タンポンにしても同様で、一日中つけっぱなしでは不衛生になりがちなので気付いた時に変えましょう。
デリケートゾーンを綺麗にしておくことで菌が発生しやすい環境を防ぐことができますよ。

次に食事制限でのニオイ。これは食事制限を見直す方法がおすすめです。体に必要な栄養素を補給することで体内に乳酸が溜まりにくくなるので、必要な栄養素はしっかりと補給することがおすすめ。
食事を食べたらダイエットできない!という場合は青汁などに頼っても良いですね。
当サイトでは置き換えダイエットに最適なすっきりフルーツ青汁という商品を紹介しています。こちらは栄養素が豊富に含まれていますので、一食をこのすっきりフルーツ青汁に置き換えてダイエットすることもおすすめ。
詳しくはこちらを見てみてくださいね↓

すっきりフルーツ青汁は置き換えダイエットに最適?ダイエット法の紹介

次に更年期。更年期のニオイはワキガと同じアポクリン線から出される汗と、皮膚にいる菌のせいです。
ニオイを防ぐには汗が出にくいように自律神経を整える事、そして脇などの汗が出やすい場所をこまめに綺麗にしておくことが大事です。
のぼせやほてりをよく感じ、汗が大量に出る場合はこちらの記事をご覧ください↓

クリアネオの効果は?わきがクリームの使い方を紹介!

このページで紹介している商品はワキガ・チチガ・すそワキガなどにも効果があると言われています。
様々な臭いに効果を発揮するので、汗でお困りの人は一度試してみてくださいね。

次に足の裏のニオイ。これは革靴などを一日中履いている人は防ぐことが難しいかもしれません。
しかし今は靴下やインソールに清涼感を保たせる素材のものがあります。それを使えば通気性が良くなりますので、蒸れて菌が発生しにくくなります。
可能であれば靴下の替えを持ち歩き、こまめに替えておきましょう。替える際は汗ふきシートなどで足の裏を綺麗にしておくことも忘れないようにしてくださいね。

次にワキガのニオイ。
これも更年期の項目で紹介したようにアポクリン線から出る汗と皮膚の上の菌が原因です。
上記で紹介したクリアネオの記事を読んでみてくださいね。クリアネオはワキガのケアとワキガの改善が期待できるクリームです。
さらにクリアネオからはクリアネオパールというボディソープも販売されていますので、併せて使うことで臭いのケアを万全にできますよ。

クリアネオパールは体臭の臭いが気になる方におすすめのボディーソープ

最後に頭皮のニオイ。頭皮のニオイは日頃のシャンプーでどうにかするしかありません。
まずはお湯でしっかりと頭皮の汚れなどを落とし、それからシャンプーでさらに汚れや皮脂などを洗い流す…。
ただこれだけなのですが、毎日きちんとしても落ちないこともありますよね。
そんな時はクレンジングローションを使ってみましょう。頭皮に必要な油分は残したまま、汚れや菌などを綺麗に洗い落としてくれる効果が期待できますよ。
詳しくは下記を見てみてくださいね。

湯シャンのやり方とは?正しい湯シャンで頭皮を清潔に!

商品紹介ばかりになってしまいましたが、当サイトで紹介している商品はお悩み改善に本当におススメできる商品ばかりです。口コミ評価が高いものばかりなので、ユーザーもリピーターも数多くいます。そのため変な商品じゃ?と心配しなくても大丈夫です。

ただ効果が高いため、お値段が少し高めの物が多いです。なのでいきなり買うのはちょっと…と抵抗がある人も多いんじゃないかと思います。そんな人は返金保証がある商品だけを試してみてはどうでしょうか?返金保証があれば効果が出なかった場合に返品すればお金を返してもらえるので、損をした!という気分にはなりませんよね。

返品の手間は面倒ですが、今のお悩みを改善する一つの方法です。公式サイトを見てみて、それから購入するかどうかを検討してみてください。

加齢臭の改善方法

加齢臭の原因となる脂肪酸は皮脂の中に含まれています。そのため皮脂の過剰分泌を抑えることが加齢臭の改善に繋がります。

皮脂の過剰分泌を抑えるにはストレスを溜めない・汗をこまめにふいて清潔を保つ・体を洗う時は汚れや皮脂の洗い残しがないようにしっかりと洗うなどの対策方法があります。

また脂質が多い食事は皮脂の過剰分泌を促すため、あまりおすすめできません。脂質が含まれた食事が好きという人には酷かもしれませんが、なるべく食べる量・回数を減らしましょう。

ニオイケアは何歳になっても必要

若いときはとにかく必死になってニオイケアをしていたけど、年を取るとあんまり気にしなくなったという人も多いと思います。しかしニオイは人によってはかなりの悪臭と感じることもあるため、悪気がないけど周囲に迷惑をかけていることになります。

自分の周りに誰も寄ってこなくなった。こうなると寂しいと思いませんか?臭いケアを怠らずにしっかりとやっていけばそんなこともありません。エチケットの一つとして、何歳になってもニオイケアは忘れないようにしましょう。