アイキララは効果がない?正しい使い方と商品について紹介します

アイキララは目元用のクリームで、目元を明るくすることで印象を変え、パッチリとした目元に見えるようにする効果があります。アイキララのすごいところはその効果が医学誌に掲載されているという点。化粧品が医学誌に掲載されるというのはあまりないことなので、アイキララの効果は医学の分野においても注目されているということなんでしょう。

このアイキララ、ネットで検索してみると「効果がない」という言葉を見かけます。では効果がないと言っている人はなぜ効果を実感できないのか?口コミも交えて紹介していきます。

アイキララに寄せられる悪い口コミについて

アイキララに寄せられる悪い口コミのほとんどは効果を実感できないというものです。では口コミを紹介していきましょう。

目の下のクマやくぼみが目立ち始めたので使い始めました。もうすぐ一本を使い切りますが、全く効果がありません

目の下のたるみにも効果があるということなので使ってみましたが…全く効果が出ませんでした。損した気分です。

このようにアイキララには悪い口コミも多々寄せられており、口コミのほとんどは効果を実感できなかったというもの。効果を実感できている人もいるので使い方に何らかの問題がある可能性もありますね。
またアイキララは目の下のくぼみの全ての原因に効果があるわけではありません。まずはアイキララが効果のあるくぼみについて紹介しましょう。

アイキララの効果とは?

アイキララ
アイキララは加齢によって薄くなってしまった皮膚を再生し、ふっくらとさせることで目元の印象を大きく変える効果のある化粧品です。そのため加齢以外の原因で目元が暗いという場合は効果がないかもしれません。

人の肌にはコラーゲンやエラスチンと言った肌に弾力を持たせる効果がある成分がありますが、加齢とともにこの成分は減少していきます。減少することで肌にハリがなくなり、どんどん皮膚に弾力がなくなって薄くなってしまいます。薄くなった部分には影が出来てしまいますので、それが原因でより目元が暗く見えてしまい、老けた印象になってしまうのです。

顔の中でも特に目の下は皮膚が薄いため、コラーゲンの減少は大きく影響します。少なくなってしまったコラーゲンをサポートしてくれるのがアイキララなのです。

アイキララには肌に弾力やツヤを取り戻す働きがありますので、目の下に塗布することで薄くなってしまった目の下の皮膚に弾力やハリを甦らせます。使ってすぐに効果が出ることはありませんが、一か月ほど使えば目元に明るさや弾力などが戻ってきたように見えるでしょう。

アイキララの正しい使い方は?

アイキララは正しい使い方で使わないと効果を実感することが出来ません。ここで正しい使い方を紹介するので一緒に見ていきましょう。

使うタイミングは朝・夜の2回。洗顔→化粧水→乳液かクリームというステップでケアしていると思いますが、化粧水と乳液の間にこのアイキララを取り入れましょう。

 

アイキララを適量だし、目の下の気になる部分に薄く塗ります。そして目の下の皮膚に浸透させるように、指で軽くトントンと叩いて押し込んでいきましょう。クリームが肌に馴染んで来たら今度は指の腹を使ってクリームを浸透させるように伸ばします。最後に目元全体を手で覆って完全に浸透させればOK。その後は乳液で保湿ケアを行いましょう。

オールインワンジェルを使っている場合はオールインワンジェルを使った後にアイキララを使ってくださいね。

アイキララは加齢による目の下の悩みに最適!

アイキララは加齢によって弾力を失ってしまった目の下の再生におすすめの化粧品です。目の下にハリがなく、目全体が暗い印象になる…と悩んでいる人はぜひ一度使ってみてくださいね。
使う際は正しい使い方で一か月以上使ってみましょう。徐々に目元に肌の弾力やツヤが戻ってきますよ。
アイキララ