ノンエーは乾燥肌でも使える?保湿成分が含まれているか徹底解明

薬用ニキビ洗顔石鹸ノンエー
ノンエーを使う人の中には大人ニキビが気になっている人も多いでしょう。大人ニキビが気になる人の大半は顔全体、または顔の一部の乾燥に悩んでいると思います。大人ニキビは乾燥が原因で出来ることが多いニキビです。そのため乾燥を防ぐことで大人ニキビを予防できるのですが、気になるのがノンエーには保湿成分がふくまれているのかという点。

また乾燥肌の人の中には刺激に弱い敏感肌の人もいると思います。刺激に弱い場合はノンエーは敏感肌でも使えるかどうかが気になるところですね。

ここではノンエーは乾燥肌でも使えるのか、また刺激となる成分がふくまれているのかを紹介していきます。

ノンエーには保湿成分がふくまれている?

ノンエーは洗顔石鹸です。最近のフェイスウォッシュには保湿成分がふくまれているものが多く、保湿成分がふくまれていれば洗い上がりの肌がしっとりとなります。これは汚れを落とした時に保湿成分が肌に浸透し、その成分が肌に潤いを与えているからですね。

ノンエーにも保湿成分が含まれています。保湿成分としてヒアルロン酸・リピジュアが配合されているのですが、ヒアルロン酸という名前を聞いた事がある人は多いでしょう。

ヒアルロン酸は美肌に欠かせない美容成分の一つ。肌に潤いを与える働きがあるので、保湿成分として最適です。

リピジュアという名前は聞きなれない人が多いかもしれませんね。リピジュアとは細胞膜や涙と同じ成分から開発された成分です。高い潤い成分があるため、お肌に浸透することでしっかりと肌を潤してくれます。

また外部刺激に強い肌を作るサポートもしてくれますので、外部刺激に弱い敏感肌にもおすすめの成分なんですよ。

これらの保湿成分がたっぷりと配合されているので、ノンエーは洗顔しながら保湿ができるおすすめの石鹸なのです。

ノンエーは刺激となる成分が入っている?

ノンエーは敏感肌でも安心して使える洗顔石鹸ですが、刺激となる成分が入っていては意味がありませんよね。刺激になる成分が含まれているとそれが原因で肌トラブルを起こす可能性が出てくるため、敏感肌の人は使うことを躊躇してしまうかもしれません。

またニキビケアの商品にはピーリング効果が含まれているものが多くあります。このピーリング効果も敏感肌にとっては刺激となります。そのためピーリング効果が含まれていないことも重要なポイントです。

ノンエーは香料・エタノール・着色料・鉱物油など、肌への刺激となる成分を含んでいません。これらの成分が含まれているものは多少なりとも肌に刺激が加わります。これらの物が含まれていないということは肌トラブルが起こる可能性がグッと下がりますので、敏感肌でも安心ですよ。

またノンエーはピーリング成分が一切含まれていません。上記に書いたようにピーリング成分も肌への刺激となりますが、これが含まれていない事からまた肌トラブルの可能性が下がるわけです。

実際に敏感肌でもノンエーを使っているという人も多いので、まずは使ってみましょう。

肌質は人それぞれの為、人によってはトラブルが出ることもあります。その時はすぐに使用を中止しましょう。ノンエーは公式サイトで購入すれば全額返金保証が付いて行きますので、肌に合わない場合はこの制度を利用すると良いですよ。

ノンエーは敏感肌でも安心して使える洗顔せっけん

ノンエーは刺激となる成分をほとんど配合していない事から、敏感肌でも安心して使える石鹸となっています。また保湿成分を配合している為、乾燥肌の乾燥対策としても有効です。

乾燥肌の人は乾燥を悪化させないためにも、洗顔の後はすぐに保湿ケアをしておきましょう。洗顔の際に保湿をする+すぐに保湿ケアすることでより保湿効果が高まりますので、肌のカサカサ感を感じずに済みます。

洗顔とスキンケアをしっかりとすることで乾燥を防げますので、ノンエーを使って乾燥対策をしましょう。
薬用ニキビ洗顔石鹸ノンエー