わきがは生まれつき?ワキガの原因を徹底解明!

わきがに悩む人はとても多いですが、悩む人の中には生まれつきワキガ体質という人もいれば突然ワキガの症状が出たという人もいます。ワキガの発症時期はそれぞれで違うようですが、わきがは遺伝によって発症するものなのでしょうか?ここではワキガの原因について徹底解明していきます。

わきがは遺伝の可能性あり

わきがは遺伝によって発症する可能性が高いと言えます。両親がワキガの症状があるのであれば、子供にもそれが受け継がれるということですね。受け継ぎたくないものではありますが、これは仕方のないことなので改善方法を探るしかありません。

わきがは自分自身では気づきにくいものですが、周囲の人間からはすぐにわかってしまいます。その理由は当然そのニオイですね。そのため自分自身のワキガの症状はわからなくても、両親のどちらかがワキガの症状があるかどうかは分かると思います。

もし両親のどちらかからワキガの独特のニオイがしたら、自分自身もこのニオイがするのかもしれないと思っておきましょう。そしてワキガのケアや改善方法をじっせんしていくことをおすすめします。

食生活によってワキガが発症することも

ワキガの原因となる汗腺のアポクリン線。このアポクリン線は人によって数が違います。アポクリン線が多い人もいれば、少ない人もいるといった感じですね。このアポクリン線は生まれてから数が変わることはありませんので、途中で増えたりすることもありません。

両親がワキガ体質の場合は通常よりもアポクリン線が多いことが考えられます。アポクリン線が多いことでワキガの発症率が上がりますので、発症の前からケアしておきたいですね。

上記に書いたようにワキガの原因はアポクリン線で、このアポクリン線は誰でも少なからず体にある物です。そのため誰にでもワキガが発症する可能性はあるのですが、これは食生活によって発症するかどうかも変わります。

ワキガ症状が出やすいのは高カロリーな食事、脂肪分の多い食事が好きな人です。これらの食事は皮脂腺を活発にしますし、汗が出るアポクリン線も活発化させます。

アポクリン線から汗が大量に出るだけではワキガの嫌な臭いがすることはありませんが、問題なのは皮脂腺も活発化させてしまうこと。皮脂腺が活発化することで皮脂が大量に出てしまいますが、アポクリン線から出た汗は肌の皮脂や汚れなどと混じることで独特の嫌なにおいを発します。

そのため両親がワキガ体質でなくても、日ごろの食生活によってはワキガを発症する可能性があります。毎日バランスの良い食事を摂ることで防げますので、野菜を中心にお肉や魚をバランスよく食べるようにしたいですね。

わきがの症状がでたらクリアネオで改善!

ワキガの症状が出たら食生活に気を付けることが大事だとお話ししましたが、脇のケアもとても重要。ワキガの症状がでたら制汗剤でごまかすという人も多いかと思いますが、制汗剤ではワキガの症状は一時的にしか防げません。

制汗剤は汗が出る汗腺を塞いで、含まれている香料でニオイをごまかすことができます。ただアポクリン線は常に汗を分泌していますので、時間の経過とともに汗は出てきます。その汗が肌の皮脂や汚れを混じることで独特の嫌な臭いがでますが、この臭いはとても強め。そのため制汗剤の香料とわきがのニオイが混ざってしまい、何とも言えない臭いになってしまうのですね。

クリアネオは汗腺を塞ぐということはもちろんですが、汗が出る根元に働きかけて汗の分泌量を正常に整える効果があります。汗の大量分泌を抑えることでニオイの原因となる汗が少なくなりますので、症状の改善が期待できます。

またクリアネオは香料が含まれていないので、香料と汗のニオイが混ざって強い臭いを発することもありません。ワキガの改善にも効果的とされているので、ワキガの症状が出ているかも?と思ったらまずはクリアネオでケアしていくことがおススメですよ。