クリアネオは制汗剤として使える?脇汗を止める効果的な方法

わきがや脇汗で悩む人の多くはクリアネオという商品を耳にしたことがあるのではないでしょうか?クリアネオは脇汗を抑え、ニオイを軽減する効果があるクリームです。朝・夜の二回のケアで脇汗を抑えることが可能となっています。

ではクリアネオは制汗剤として使えるのか、また脇汗をしっかりと止める事ができるのかどうかを紹介していきます。

クリアネオは制汗剤として使える?

制汗剤と言えば、市販で販売されているスプレー・クリーム・パウダーなどを思いつきますよね。いずれも汗を抑える効果がメインで、さらに香料が含まれていることで汗の嫌な臭いを良い臭いに変えることが可能です。

ただ市販の制汗剤は一時的な効果が認められているだけで、汗を抑える効果は数時間も経てば消失します。また暑い時期は制汗剤で汗を抑えることができないため、外に出たとたん汗が噴き出すなんてことも。汗がでれば制汗剤の効果はどんどん薄れてしまうので、また制汗剤を塗り直さなければなりません。

汗が出ると香料と汗が混じってしまいますが、二つが混じることで独特の嫌な臭いがすることもあります。そのため香料が含まれているから良いというわけでもないのです。

では問題のクリアネオですが、クリアネオは制汗剤として使えるのでしょうか。クリアネオには汗が出る汗腺を塞ぎ、汗を抑える効果があります。これは市販の制汗剤と同様ですね。香料は含まれていませんが、クリアネオには汗を抑える効果があることから制汗剤として使用可能です。朝・夜だけでなく日中もこまめに塗ってケアすることができますよ。

クリアネオと他の制汗剤との違う点は、根本から汗を抑えてニオイを抑えるということ。

市販の制汗剤は汗腺を塞ぐだけなので根本からの解決にはなりません。クリアネオは汗が出る根元に働きかけて汗を抑える効果があります。また汗の分泌量を整える効果もありますので、過剰な汗の分泌を抑えることも可能です。

そして肌表面ではニオイの原因となる雑菌を殺菌する働きが作用しますので、汗を抑える&においの元を除去するというWの効果が働きます。

このことから市販の制汗剤よりも効果が強く、脇汗を根本から解決することが期待できます。

クリアネオは敏感肌でも使用可能?

クリアネオに含まれているのは植物由来の成分ばかり。肌に刺激となる成分を含んでいないため、敏感肌の人でも使用できるとされています。

無添加・無香料なので制汗剤によくあるニオイが苦手という人でも安心して使えますよ。

アレルギーテスト済みなのでより安心ですが、中には肌に合わずにトラブルが起きてしまったという人もいます。万が一トラブルが出た場合はすぐに使用を中止しましょう。無理して使い続けるとさらにトラブルが悪化しますよ。

もしトラブルが出て使えないと思ったら返金保証を利用しましょう。

クリアネオは永久保証制度を実施しています。期間が設けられていないので、長期間使用して効果が出なかった場合でも返金を受け付けていますよ。

しっかりと効果を確かめながら使用できますので、初めて使用する人でも安心。もちろん肌に合わない場合も返金してもらえますので、肌に合わなかった・効果を実感できなかったという場合はこの制度を利用しましょう。

脇汗を止めるならクリアネオが効果的!

ここまで紹介してきたように、クリアネオは制汗剤以上の働きが期待できます。汗の根元に働きかけることで汗の分泌量を抑えてくれるので、毎日ケアし続けることで汗の分泌量が正常にコントロールされるようになります。気付けば脇汗の量が減ったかも?と思うかもしれませんね。

敏感肌の人でも使用できるように肌に優しい成分ばかりを配合しているので、肌に不安があるひとにもおすすめ。万が一肌に合わない場合は返金保証を利用できますので、初めての使用でも使いやすいようになっています。

脇汗に悩んでいる人はぜひ一度つかってみてくださいね。